究極の経営ノウハウを伝授
この事務所は所長職員を含めて「人が楽しそうにしているのを見るのが大好き」という共通項で結ばれている。それだけに「事務所の経営理念は?」との問いに「仕事を通じて自分を磨き、お客様に幸せを提供し続けること」と明確に回答。「専門技能」に「親身さ」を加えたプロ集団といえる。
ここがポイント
まず、初めに申し上げたいのは私は長年税務という仕事を通じて中小企業と深くかかわらせていただいてきておりますが、同時に零細とはいえ、30年以上自身が事業主として事務所を経営してきたということです。
 もちろん、私は税の専門家であり、営業そのものに直接働きかけてゆくたぐいの経営コンサルティング業とは微妙にその仕事の分野を異にしているわけです。 
 しかし、ここにきて腹の底から興味を覚え、自分が悔いなく取り組める仕事は、中小企業の経営支援という分野を置いてほかにないと強く思うようになっております。
 というのは、一つには、長い間税金という面から企業にかかわらせていただきながら、社長さん方のご苦労を目の当たりにしてきたという事実があります。それともう一つは、私自身が事業主として、絶えず突きつけられてきた経営上の難題、そしてその解決家庭にかかる実体験があるわけです。この二要素に経営理念、税務経理の知識をドッキングさせれば、経営上実際に役立つ、独自のアドバイスが可能になると思うようになったのです。それに、経営というのは「人間が生きること」に深く関係しており哲学的な興味がつきませんから。
自分の会社は実は一番わかりづらいもの
 これは私がいつも経営者の方にお話していることなのですが、経営を単なる金儲けと考えているとすぐに壁が来てしまいます。一番大切なのは「経営理念」なのです。なんのために、なにを目指して経営をするのか、よくよく認識していただくことが肝要かと思います。そして、自分の会社をどうしたいのかを数値化したものが、経営計画ということになります。普通の指導はここから始まるのですが、私の場合はまず経理から入ってもらっています。帳簿の書き方を覚え、財務諸表を作成しその意味を徹底して理解していただきます。それは、自分の事業実体を客観視できなくては、いくら立派な計画を立てても、絵に描いた餅になりかねないからです。
 話が、経営から離れるかもしれませんが、人間実は、自分自身こそが一番見えづらいもののようでございます。逆に言えば、自分を客観視でき、自分がどうなりたいかはっきり認識できれば、コンサルタントに指示されなくても次に打つ手は自然と浮かんでくるものです。
 従って、私どもの役割は、「経営者の皆様にご自身ならびにその事業実体を深く認識していただくお手伝いをすること」これに尽きる、と考えております。そのうえで、しっかりとした「計画」をたてる。そして「実践」「予実管理」と進んでいただきます。
中小企業の経営支援ほど興味深い仕事はない